2019年10月27日

Ver5.1 ジョブ調整について

久々の投稿となります。
さて、来週に迫ったパッチ5.1でのジョブ調整(侍)について語っていきたいと思います。
以下5.1での侍変更点。

■黙想
追加効果が「黙想深度」から「剣圧」付与に変更になった。
剣圧は黙想深度と違い、永続付与となり、剣圧の最大スタックが3までなので、履行技前までに照破が打てるようであれば打ち切っておかないと、その後の黙想分の剣圧が無駄になってしまう。

また黙想使用後にGCDが回るようになるので、パッチノート公開前に懸念されていた黙想のリキャストごとに剣圧付与を狙うという行為はできない。
モンクの無我もこの仕様変更に巻き込まれた形であるが、元々バフ付与タイミングの仕様を狙った回しであったために妥当な修正というところでしょう。

■葉隠
剣気回収が1閃につき5→10になりました。
正直ここで上げてくるとは思わなかったのですが、例えば敵が長く離脱する間に剣気変換するという判断が行いやすくなりました。それでも紅蓮時代に比べれば半分の効果なのですがようやく使い道もあるかなというところです。
コンボルートに入るかどうかはまだ不明。

■照破
威力が固定で400、「剣圧」スタック3で使用可能となります。
剣圧は居合術(彼岸花、天下五剣、乱れ雪月花、返し雪月花)を使用すると1スタックし、開幕の回しであれば明鏡止水を絡めて必ず打つことになるでしょう。

■各WSの威力調整について
ここは吉Pが散々5.08時点で今回の威力上昇は一時的なもの。5.1で再調整と言っていたので個人的には照破を絡めた回しで強くなっていたら問題ないかな、という感じです。

■風雅
射程の延長と範囲の拡大。
うん、まぁありがとう。(無いよりマシ)

■明鏡止水
明鏡の残り数を表示。
視覚的にわかりやすいね!


というわけで、コンボの数値は下がっていますが、そのぶん照破がコンボルートに組み込まれて総合的な火力はアップしていると思います。
実際にコンテンツなどで見てみないと判りませんが、火力的にはモンクに近づいていると思います。



mikangumi_durandal at 17:21│Comments(0)FF14 | 雑記

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
PV